大工のまたーりぶろぐ


大工、たまにはまったり行きましょう
by n0if6w6tng
カテゴリ
全体
未分類
以前の記事
フォロー中のブログ
リンク

<   2010年 02月 ( 25 )   > この月の画像一覧

ニイウスコー事件 ワンマン元会長が主導か(産経新聞)

 証券取引法違反の疑いで逮捕された元会長の末貞郁夫容疑者(62)は、トップダウン型経営でニイウスコーを創業から十数年で年商800億円企業に飛躍させたが、一方で、「ワンマン」「独断専行」といった批判も業界内で囁かれていた。

 大学卒業後、昭和46年に日本アイ・ビー・エムに入社した末貞容疑者は、金融機関向けのコンピューター機器を販売するニイウスコーの前身の会社を平成4年に立ち上げた。順調に業績を伸ばして15年には念願の東証1部上場も果たした。

 末貞容疑者は、高齢化時代の成長産業として有望視されていた医療関連のITサービス事業にも進出した。だが、初期投資が膨らむ一方、サービスの低価格化などで収益が伸びず、多額の損失を計上し全面撤退した。そして、19年6月期決算で債務超過に転落した責任を取る形で同年11月に経営から退いた。

 業績が足踏みを続ける中で行われたとされる粉飾決算だが、産経新聞の取材に末貞容疑者は逮捕前、「指示はしていない」と犯行への関与を否定している。ただ、横浜地検と証券取引等監視委員会は関係者への事情聴取を進める過程で、末貞容疑者が部下に不正経理を指示したとされる証言やメモ類を確認しているとみられる。市場関係者の間でも「ワンマン型経営スタイルの末貞容疑者が粉飾を主導した疑いがある」との見方が広がっている。

【関連記事】
粉飾決算容疑でシステム開発会社の元会長ら逮捕
粉飾決算でニイウスコー元会長らを逮捕へ 横浜地検
ニイウスコー 680億円粉飾で捜査へ
東証1部企業「2部落ち」今年すでに4社 債務超過で降格 今後続出も
Kiss−FM、6億円粉飾か 旧経営陣に損賠提訴へ

元会長ら近く強制捜査=ニイウスコー粉飾決算−200億過大計上か・横浜地検(時事通信)
「残念で仕方がない」=大森さんの高校で緊急集会−宮城・石巻市(時事通信)
浮島現象 タンカーが汽車に 三重・鳥羽(毎日新聞)
<普天間移設>社国両党の提案聴取後、政府内で絞り込みへ(毎日新聞)
山形大 「文章のいろは」必修科目に(毎日新聞)
[PR]
by n0if6w6tng | 2010-02-15 21:56

社民党、石川被告は「政倫審出席を」、小沢氏は「正面から説明を」(産経新聞)

 社民党は10日午前、党本部で常任幹事会を開き、政治資金規正法違反罪で起訴された民主党衆院議員、石川知裕被告について、衆院政治倫理審査会(政倫審)に出席して事実確認をする必要があるとの認識で一致した。

 社民党の重野安正幹事長は記者会見で「国会議員の身分は重い。段階を踏んで結論を導き出すべきだ。議員辞職勧告決議案の賛否の前にまず政倫審を開いて弁明の場を作れと要求する」と述べ、民主、国民新両党にも政倫審の開催を呼びかける方針を示した。

 重野氏はまた、民主党の小沢一郎幹事長については「小沢氏は不起訴だったので、石川氏への対応とは線を引くべきだ。願わくば国民に対し正面から向き合って説明する必要があるのではないか」と述べ、小沢氏に説明責任を果たすよう求めた。

【関連記事】
「お家事情」を意識? 石川議員離党で「小沢氏の責任」封印か
突然の“大”否定!首相、小沢氏への発言で食い違い
石川被告、民主党離党へ きょう小沢氏に伝達
小沢氏「潔白」宣言 開き直りとしか思えない
“マニフェスト違反”で攻防 政治とカネに続く難問?

法科大学院入試で合格者ゼロ=全国初「入学者なし」か−姫路独協大(時事通信)
<訃報>須田信英さん76歳=元原子力安全委員会委員(毎日新聞)
3年間で1万5000個 ビアだる窃盗容疑(産経新聞)
重度障害男性を恐喝=容疑で介護士再逮捕−警視庁(時事通信)
陸自連隊長発言、処分含め検討=北沢防衛相(時事通信)
[PR]
by n0if6w6tng | 2010-02-14 16:24

<深谷市長選>小島進氏が現職破り初当選(毎日新聞)

 任期満了に伴う埼玉県深谷市長選は7日投開票され、前県議の小島進氏(49)=民主、みんなの党、連合埼玉推薦=が、現職の新井家光氏(54)を破り、初当選を果たした。

石川議員はまず説明を、と福島党首=亀井代表「進退は自身が判断」(時事通信)
【中医協】勤務時間の把握、「タイムカード」を削除(医療介護CBニュース)
福岡県町村会汚職 前事務局長も逮捕(産経新聞)
5日から「さっぽろ雪まつり」 雪と氷の幻想的な世界広がる(産経新聞)
小沢氏の進退問題再燃も=「世論が納得しなければ」−総務副大臣(時事通信)
[PR]
by n0if6w6tng | 2010-02-12 23:10

小沢氏、一転して強気に 「これ以上の説明はない」(産経新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は8日、鳩山由紀夫首相から続投のお墨付きを得ると、最近の会見での低姿勢ぶりはどこへやら、一転して強気の姿勢に戻った。8日夕の記者会見でも、「わたし自身も2度、(検察に)事情の説明をした。これ以上の説明はないのではないか」と述べた。さらにオバマ米大統領との会談実現を4月末からの訪米の条件として米側に突きつけたことを明らかにしたところも、不起訴を受けた小沢氏の「高揚感を反映している」(党関係者)といえそうだ。(佐々木美恵)

 「ここ1カ月以上、小沢一郎はけしからん人物だという報道が続いた後の世論調査だ。その直後でどうだといわれても困る。小沢一郎は不正な献金は受け取っていなかった、潔白だったという報道を続けていただいて、その後に世論調査するならコメントします」

 8日夕の記者会見で、記者団から報道各社の世論調査で幹事長辞任論が軒並み7割を超えたことを問われると、小沢氏は笑みを浮かべながらメディア批判を展開してみせた。いつもの強気の小沢節だ。

 会見直前の党役員会では「大変ご迷惑、ご心配をおかけしおわびを申し上げる。(政治資金)収支報告については事務所、私もなお一層注意を払って努力してまいりたい」と丁重に陳謝した。だが、会見で元秘書らが起訴された事件の責任をどう取るか問われても、事務所態勢の改善を語るにとどまった。

 小沢氏は鳩山首相との会談でも参院選の候補者調整の意見交換を行うなど、この日は精力的に党務をこなした。

 すたすたと記者会見場を後にした小沢氏は、石井一選対委員長と参院選の公認発表について協議した。参院選の公認発表は小沢氏の政治資金規正法違反事件でストップしていたが、月内にも現職、新人含め約100人を公表することを決めた。

 8日午前には、参院佐賀選挙区の女性候補者を党本部に呼び、「一緒にがんばろう」と選挙準備を急ぐよう指示。午後には、自民党を離党した田村耕太郎参院議員の民主党入党を取り付けた。

 世論の小沢氏への視線は厳しいものがあるが、参院選対策に打ち込み、党内外の「反小沢」の動きを沈静化させたいねらいがある。

 これに対し一部だが党内には小沢批判がくすぶる。小沢氏と距離を置く「民主党七奉行」の一人、枝野幸男元政調会長は8日朝の街頭演説で、「国民の大半が小沢氏の説明に納得していない。本人が主観的に『間違ったことはしていない』と思っても、政治を変えるために身を引くことも含めてけじめをつけるべきだ」と訴えた。

 七奉行の後見人的存在の渡部恒三元衆院副議長も8日、「小沢君が世論調査を聞いていれば政治家として応えていくだろう。ここ1カ月ぐらいの間は小沢君を信頼していきたい」と、自発的辞任に期待感を示し、高揚する小沢氏に冷や水を浴びせた。

【関連記事】
小沢幹事長「首相から『ぜひ一生懸命頑張ってほしい』」
小沢氏の不起訴・続投「当然」 達増岩手知事
鳩山首相「重い十字架背負うのは辛い」
鳩山首相、小沢氏の幹事長辞任を求めず
内閣不支持率、支持率を初めて上回る 産経・FNN合同世論調査

「小沢氏はシロではない」=谷垣氏(時事通信)
石川議員、民主離党へ…近く小沢氏と会談し判断(読売新聞)
【中医協】「リンパ浮腫指導管理料」、外来で再算定が可能に(医療介護CBニュース)
「のめり込むように信じた」数千万円投資の女性 サンラ・ワールド(産経新聞)
【中医協】安全な麻酔管理体制を評価(医療介護CBニュース)
[PR]
by n0if6w6tng | 2010-02-11 21:53

クレーン車 バスに追突、アームが窓ガラス破り7人軽傷(毎日新聞)

 9日午前7時ごろ、東京都足立区鹿浜3の環状7号線で、客の乗降で停車中の国際興業(中央区)の路線バスにクレーン車が追突し、アームがバスの後部窓ガラスを突き破った。アームに接触した人はいなかったが、衝撃で乗客の男女6人とバス運転手が首などに軽傷を負った。

 警視庁西新井署によると、クレーン車を運転していた男性(33)は「道が込んでいたので車線変更したらバスが止まっていた」と話しているという。同署は自動車運転過失致傷容疑で男性から事故当時の状況について事情を聴いている。

 アームは先端の約30センチが窓を突き破った。バスは赤羽駅発西新井駅行きで、乗客約10人が乗っていた。現場は片側3車線の直線道路で、当時は渋滞していたという。【古関俊樹】

【関連ニュース】
名古屋ひき逃げ:4人目の男逮捕 危険運転致死容疑
交通事故:集団登校中の列に突っ込み、児童5人けが 茨城
名古屋ひき逃げ:運転の男を送検 危険運転致死容疑
名古屋ひき逃げ:運転者の男 逃走中に知人宅で1泊
名古屋ひき逃げ:知人宅近くで身柄確保 仲間が逃走関与か

新鮮さ保ったまま殺菌=リキッドガスと九大、新装置開発−野菜や果物に利用期待(時事通信)
【町工場から五輪へ】(2)モーグル・上村選手の靴 運命の出会い…10年一途(産経新聞)
「実質ゼロ改定」報道に見解―厚労省(医療介護CBニュース)
民主、景気認識ただす=10年度予算が実質審議入りへ−衆院委(時事通信)
<脳細胞>「ひげ」右回り 左右の脳の機能分担生じる原因か(毎日新聞)
[PR]
by n0if6w6tng | 2010-02-10 22:02

エステ店経営者に罰金=無免許でしみ取り−大阪(時事通信)

 エステサロンが無免許で顔のしみ取りなどの医療行為をしたとされる事件で、大阪区検は5日、医師法違反罪で経営者の女(62)を略式起訴した。大阪簡裁は同日、罰金30万円の略式命令を出し、女は即日納付した。
 医師法違反容疑などで逮捕されたエステサロン従業員と美容機器製造販売会社代表取締役は処分保留で釈放された。 

和辻哲郎文化賞に今橋、互の2氏(時事通信)
<自民>参院選の公認候補2人を発表(毎日新聞)
【話題の本】『あねチャリ』川西蘭著(産経新聞)
<火災>犬小屋全焼、70匹が焼死 奈良(毎日新聞)
木嶋容疑者、勾留尋問へ カーディガン被り表情隠す(産経新聞)
[PR]
by n0if6w6tng | 2010-02-10 00:24

木嶋容疑者、勾留尋問へ カーディガン被り表情隠す(産経新聞)

 木嶋佳苗容疑者は3日午前、勾留(こうりゅう)尋問を受けるために埼玉県警川越署からさいたま地裁に護送された。

 午前9時20分ごろ、木嶋容疑者は警察官に連れられて川越署奥の駐車場に現れると、すぐさま護送車に乗り込んでいった。白とピンクのカーディガンをかぶり、表情をうかがうことはできなかった。

【関連:結婚詐欺・連続不審死】
結婚を“エサ”に男性籠絡
パソコンから大出さんのメール消去 木嶋容疑者、証拠隠滅か
埼玉の連続不審死 状況証拠積み重ねて立件
「あの子のところに行って謝って」被害者遺族がコメント
結婚詐欺の木嶋容疑者を殺人容疑で再逮捕 
木嶋被告、6度目の逮捕は…婚活相手から四百数十万円

大久保被告、虚偽記入への関与一部認める供述(読売新聞)
小沢一郎氏 幹事長続投を表明 (毎日新聞)
受験者は52万人=センター試験(時事通信)
「自転車世界一周」最後の旅へ 鳥取の40歳冒険家(産経新聞)
民主・村越氏、小沢氏の議員辞職求める  (産経新聞)
[PR]
by n0if6w6tng | 2010-02-09 06:34

雪で車100台以上立ち往生、76人避難…新潟(読売新聞)

 強い冬型の気圧配置が続く日本列島は6日、北陸から北の日本海側を中心に大雪となった。

 新潟市西区では、雪による視界不良のため国道116号が通行止めになり、近くの広域農道に迂回(うかい)した車が、雪にタイヤを取られるなどして次々と動けなくなった。

 市によると、立ち往生した車は一時、100台以上に上った。市は近隣の公共施設など7か所に避難所を設け、計76人が車を放置して避難。このうち男性(58)が呼吸困難のため病院に救急搬送された。

秘書の嘆き今回も、不満の声・説明求める声(読売新聞)
「サンラ・ワールド」元役員の増田氏 カナダ大使館で説明会 (産経新聞)
<読売文学賞>小説賞に高村薫さんの「太陽を曳く馬」(毎日新聞)
津市長に松田氏が再選(時事通信)
<自民>週末に全国で街頭演説 首相や小沢氏追及(毎日新聞)
[PR]
by n0if6w6tng | 2010-02-08 12:35

<小沢幹事長>キャンベル米国務次官補と会談 内容明かさず(毎日新聞)

 民主党の小沢一郎幹事長は2日、国会内でキャンベル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)と約1時間にわたり会談した。会談は米側から求めた。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題で、与党の実力者である小沢氏の意向を探り、打開策を見いだすために接触を求めたとみられる。

 会談の冒頭、キャンベル氏は「日米同盟はアジアにおける米国の政策の核心となるものだ」とあいさつ。会談終了後、キャンベル氏は「日米関係について一般的な話をしただけだ」と語り、内容は双方とも明かさなかった。会談にはルース駐日米大使が同席した。【念佛明奈】

【関連ニュース】
鳩山首相:小沢氏の招致、明言せず…参院代表質問
鳩山首相:今夏参院選の陣頭指揮「小沢氏に」
小沢幹事長:再聴取受ける 立件なら辞任示唆
鳩山首相:小沢氏事件捜査「冷静に見守る」
鳩山首相:「心からおわび」小沢氏問題で初陳謝

国内削減15%以上を提示=温暖化対策行程表を議論−政府チーム(時事通信)
八ツ場ダム建設中止求め声明=千葉県弁護士会(時事通信)
<厚生年金>脱退手当金の算定期間漏れ19万人(毎日新聞)
<平山郁夫さん>東京で「お別れの会」…各界の著名人ら参列(毎日新聞)
2分40秒の早業、宝石店から貴金属300点盗む(読売新聞)
[PR]
by n0if6w6tng | 2010-02-07 13:56

<氷河>ヒマラヤで年470億トン減少 琵琶湖1.7個分(毎日新聞)

 03〜09年にヒマラヤ山脈やその周辺で、琵琶湖1.7個分に相当する山岳氷河の氷が毎年減少したことが、日置(へき)幸介・北海道大教授(測地学)と大学院生の松尾功二さんの分析で分かった。02年に打ち上げられた米国の人工衛星の軌道データを活用して算出した。過去40年間の現地調査で推定された年間平均減少率の2倍に上るという。ヒマラヤの山岳氷河はアジア南部の貴重な水源で、市民生活への影響が懸念される。15日付のオランダの地球惑星科学誌に発表する。【西川拓】

 氷河の面積は航空写真で分かるが、体積や重量の把握は難しい。研究チームは氷河の増減が重力を変動させることに注目。重力の影響を受ける衛星軌道の変化から、アジア中央部の氷河の重量の変化を算出し、毎年470億トンの氷河が減少していることが分かった。この量は海面を年0.13ミリ上昇させる効果がある。

 国連環境計画によると、アジア中央部の山岳氷河の面積は約11万4800平方キロで、米アラスカに次いで広い。年470億トンの減少は氷河の厚さが年平均約40センチ薄くなっていることを示す。巨大な氷床のある南極では今のところ、急激な気温上昇がなく、当面の海面上昇を左右するのは山岳氷河になっている。

 ヒマラヤの氷河を巡っては、国連の「気候変動に関する政府間パネル」が07年の報告書で、「35年ごろまでに消失する」と記載したが、後に誤りを認める問題が起きている。

 日置教授は「数十年で消滅することはないが、温暖化で融解が加速しているのではないか。海面上昇に加え、乾期に下流のガンジス川などの流量が減り、農業に深刻な被害を与える」と話す。

【関連ニュース】
【写真特集】暖かな破局 刻一刻と進む地球温暖化
【写真特集】グリーンランドの温暖化と滅びゆく犬ぞり
【写真特集】温暖化で激減 シロクマ絶滅の危機
【写真特集】温暖化により海面上昇、赤道直下の島の危機
【写真特集】奇跡のバランス地球 南極が教えてくれたこと

「らしさ」大切にしたい 波多野院長に聞く皇族の“学習院離れ”(産経新聞)
「検察官役」弁護士を指定=全国初の起訴議決で−明石歩道橋事故・神戸地裁(時事通信)
<新型インフル>ワクチン接種後に死亡…「因果関係あり」初(毎日新聞)
脅迫容疑で元社員逮捕=外装社長に「殺す」電話−警視庁(時事通信)
「適当でなかった」と釈明=神戸事件の発言で−亀井郵政担当相(時事通信)
[PR]
by n0if6w6tng | 2010-02-06 17:11


最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧